最短ホームページテンプレートの使い方6 トップページに情報を追加

最短ホームページテンプレートの使い方6 トップページに情報を追加

今回はトップページに情報追加していきます。
最短ホームページテンプレートの動画の、第6回の部分になります。

情報を変更していくのはここ

今回はトップページ(index.html)ですが…
下記画像のページ情報(その1・その2・その3・その4)です
情報(その1・その2・その3・その4)です情報1も情報2も情報3も、編集方法は基本的に同じなので
1つ覚えれば、他の部分も変更できます。

まず、index.htmlのファイルをテキストエディタにドラッグ&ドロップします。
※無料テキストエディタTerapad(テラパッド)を利用
index.htmlを、テラパッドに、ドラッグ&ドロップします。

トップページの情報はココを編集する

開いたら、<!– ここが「情報その1」を掲載している箇所です –>の部分を変更します。
開いたら、<!-- ここが「情報その1」を掲載している箇所です -->の部分を変更します。

<h2> 情報その1</h2>の部分(ここは小見出し)と
ここに情報その1を掲載します。という部分を変更します。

手順は各ページに情報を追加すると変わりませんね。
手順は各ページに情報を追加すると変わりませんね。
変更したら保存します。
保存方法は、ファイル⇒ 上書き保存で保存できます。

【ワンポイント】
保存は、ファイル⇒上書き保存としなくても、
キーボードのCtrl + s のショートカットキーを使い保存できます。
このCtrl + s での保存は、めちゃくちゃ使えますので、
こちらの保存方法を癖にしましょう。

保存が終わったら、更新ボタンを押して
編集した部分が変更されているか確認してみて下さい。

今回の編集でこのように変更されていればOKです。

今回の編集でこのように変更されていればOKです。

初めてのサイト作り トップページで多い失敗

自分で更新できる最短ホームページテンプレートだけではありませんが…
トップページは、検索エンジンでも表示され
最も訪問者(アクセス)も多くなる大切なページです。

アクセスも多いからこそ!
よくやってしまう失敗が、何でもかんでもトップページに書いてしまうこと。

SEO対策(検索エンジン最適化)を考えても
サイト全体のボリュームはとても大切な要素ですが、
あまりにもトップページに情報が多いと、他のページを見る気がなくなります。

従って、トップページの考え方としては、
そこから他ページへ行くための概要という感じが良いかと思います。

【ワンポイント】
これは、動画でも解説されていますが…
トップページから、他ページへのリンクしておくのは重要です。
「ここから◯◯ページ行くよ」と
わかりやすく、他ページへのリンクを貼っておきましょう。

 

 


関連記事


初心者さんおすすめ! 徹底比較 簡単ホームページ作成ソフトランキング


おすすめ記事


ボタンマルシェ - ButtonMarche

人気の記事

  1. sptai
    スマホに対応しているホームページ作成ソフトは?
  2. kosho
    実際に体験したシリウスでのトラブル
  3. ホームページを作れるメリット
    ホームページが作れるというスキルの素晴らしさとメリット
  4. domeser
    ホームページを公開するための費用は?
  5. 結局、1番モッタイナイのはコレです!
    結局、1番モッタイナイのはコレです!

ピックアップ記事

  1. ソフトを覚えるより早い

    ソフトの使い方よりホームページの作り方を覚えた方が早い!

    店舗などの商用から、ネットビジネス・個人の趣味まで ホームページが必要になる場面が多いですね。一般的…
  2. 初心者の私がホームページ作成ソフトを選ぶまでの思考

    初心者の私がホームページ作成ソフトを選ぶまでの思考

    当サイトを見ている方の中には ホームページ作成は、本当に初めて方も多いと思います。初めて挑戦する方の…
  3. 作成ソフトの選びに迷っていたら確認する【3】のポイント

    作成ソフト選びに迷っていたら確認する【3つ】のポイント

    結局「ホームページ作成ソフトってどれを選べば良いの?」 情報が多いので、悩むでしょうし迷いますよね?…
  4. 私がWordPress(ワードプレス)を使う3つの大きな理由

    私がWordPress(ワードプレス)を使う3つの大きな理由

    初心者の方におすすめのホームページ作成ソフトは 下記のようにランキングを付けています。1位に自分で更…
  5. 無料のWordPressテーマ(スマホ対応)が使えるテンプレートキング

    無料のWordPressテーマ(スマホ対応)が使えるテンプレートキング

    WordPress(ワードプレス)のテーマについては 基本的は有料のテーマの利用をおすすめしています…